読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディズニーファンブログ  『魔法にかけられた!』

完全に魔法にかけられている育児中ママのディズニーファンブログ! パーク行かずして毎日イン気分★を楽しみましょ♪

『ムーラン2』レビュー!

というわけで、先日Dlifeで放映のあった『ムーラン2』を遅ればせながらレビューです(^o^)

一作目で大人に非常に人気のあった(笑)『ムーラン』ですが、二作目では恋愛ものになっちゃったーと言う方が多く、どういうことかなって思いながら見ました。

子どもたちとしては、一作目、二作目を通じて、ムーラン怖い! という中国甲冑的な恐怖から逃れられなかったようで、ムーラン2も最後まで見られませんでした(笑)
私だけ、子どもたちが幼稚園に行っている間に最後まで見させてもらいました……。

恋愛モノというよりも、恋心を取るのか? 義理人情を取るのか? という点で、疑問を呈した作品なのかな、と思いました。現実には、ストーリーのような展開はあり得ないし、いくら中国でも神様のお告げで政略結婚がナシになるようなところはないだろうと……いうことは制作側もわかっていて、もう現実味はどうでもいいやみたいなアレだろうなww

キャラの素晴らしさは相変わらず光っていました。おカタいシャンに、柔軟なムーラン。
インヤン(太極、陰陽)の片方ずつをペンダントにして、仲良く進みますが、諸々で破局を迎えそうになり……。


※このペンダントについてのリサーチが結構多いようです! ↑上記は、類似品ですが、ムーランとシャンがしているのはちゃんとした玉の勾玉でしょうね!
残念ながら勾玉のしっかりとしたペア商品が見つからなかったので、まだまだリサーチしますよー(^_^)

せっかく、冒頭部分に、「光と影、片方ではだめ」という、中国文化のすばらしい主題が掲げられて居たのだから、結末にもそれを影響させてもよかったと思いますね。

シャンが、ムーランに歩み寄る形で解決をみた感じですが、カタさと柔軟さ、どちらも大切で、どちらだけが正しいということではないと思うんです。

同じく、ムーランと皇女たち(シャンと、おつきたち)にあのような結末を用意したのなら、なんとかっていう国の王子さまにも、こっそり想っている付き人と添わせるなど、いい恋をさせてあげたかったなと思いました!(なんかダメ男そうだったけど……)

ムーランのかわいい顔が好きなだけの人でも、見る価値はありますがいかがでしょう(^o^)


ディズニーリゾート ブログランキングへ

【PR】